ケンコウ的Lifestyle
MENU

脂質異常症をスッキリ改善~悩ましい症状を治す方法~

TOPICS

医者

医療機関にての治療

アレルギー性鼻炎は、耳鼻科だけでなく内科でも専門的な治療を受けることができます。これらの医療機関にかかることによって、自分のアレルギー症状についての詳細な情報を知ることができます。

クリニックの特色

看護師

さいたま市内の内科クリニックは、今後も人口増加や高齢化の進展に合わせて、新規開業や訪問診療の充実が進むでしょう。またホームドクターとして利用できるクリニックを見つけたうえで、検診も積極的に受けることが重要です。

詳しく読む

リウマチ治療の注意点

説明する女性

リウマチは放置しておくと日常生活に大きく支障をきたす病気で、自覚症状があるうちに世田谷の内科を受診するとお得に利用できます。過度の飲酒や喫煙をすると体に悪影響を及ぼすため、治療中はこれらの習慣をる必要があります。

詳しく読む

BEST

薬の使用も有効

薬値は様々なのです

緑カーディガンの男性

脂質異常症の治療は、様々な薬を使用して行われます。こういった薬は、種類によって1日あたりの金額が変わってくるのが特徴なのです。例えば、コレステロールが作られるのを抑えるある薬剤の場合には、1日あたり約100円前後が主流です。ジェネリック医薬品を使用した場合には約50円前後で利用出来ることもあり、大分お得と言えま す。 中性脂肪の生産を抑える薬剤の場合にも同様の傾向がみられ、通常は100円前後の薬剤がジェネリック医薬品を使用すると約50円以下に下がるのです。脂質異常症の治療に使用される薬剤の場合にはジェネリック医薬品が広く普及しており、より安く薬を入手することが出来ます。処方される薬剤の種類によって、ジェネリック医薬品が使用出来るか否かは決まってくるのです。

血中成分を調整します

脂質異常症の治療で使用される薬剤は、主にLDLコレステロールや中性脂肪にポイントを絞って作られています。肝臓での生産を抑える働きなどを持つのが脂質異常症の治療薬の特徴で、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪の量を減少させる訳です。こういった成分が増えすぎると時に動脈硬化の症状を引き起こすため、成分の量を減らすことには一定の効果があります。 また、腸からのLDLコレステロールの吸収を抑えたり分解を促進したりする薬も最近では登場しているのです。生産の抑制、吸収の阻害、分解促進などがこのような治療薬の持つ大きな特徴となっています。多すぎる血中濃度をいかにして下げるかが、現在の脂質異常症治療の大きな課題となっているのです。横浜やさいたま市、世田谷区にはアレルギー性鼻炎やリウマチなど内科の症状に詳しい医師がいます。体に異常を感じたら、早めに大腸内視鏡検査などを行なうと症状をすぐに発見できるでしょう。

PHOTO

  • 医者
  • 看護師
  • 説明する女性